面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

オケラ

オケラ(朮)はキク科の多年草で、9〜10月に花を咲かせ、初冬の頃果実をつけます。果実は毛が密生し羽状の冠毛があり、風散布で種子を運びます。仲間のノハラアザミと比べると冠毛はごわごわしています。冬の時期でも魚骨状の苞葉と葉が枯れて残ります。

f:id:nontyant:20191217101612j:plain

果実はそう果で、長さ約7mmの羽状の冠毛がつく。

f:id:nontyant:20191217101846j:plain

苞葉は魚骨状で、葉には針状の鋸歯がある。

f:id:nontyant:20191217102443j:plain

果実は長さ約5mmで毛が密生して、羽状の冠毛はオヤマボクチと同じようにごわごわしている。

f:id:nontyant:20191217102834j:plain

草丈は40〜100cm。冬の時期も果実と枯れた葉も残る。

 

f:id:nontyant:20191218092514j:plain

f:id:nontyant:20191217102951j:plain

花は頭花で魚骨状の苞葉に包まれる。葯筒から雌しべがのびている(上)。   10月8日

 

仙台市水の森公園

 

果実と種子

木々の果実や種子には様々な形があります。秋から初冬に熟した果実の中で面白い形の種子を集めてみました。

f:id:nontyant:20200104165141j:plain

f:id:nontyant:20200104165223j:plain

オオバヤシャブシはカバノキ科の落葉小高木。果穂は2〜2.5cmの楕円形で、果鱗の間に多数の堅果が入る。堅果は長さが約4mmの楕円形で翼があり、稚魚のように見える。

 

f:id:nontyant:20200104165312j:plain

f:id:nontyant:20200104165347j:plain

ソシンロウバイロウバイ科の落葉低木。果実(偽果)は3〜4cmの卵形で、熟すと果皮が枯れて編み目模様になる。そう果は長さが10〜13mmの長楕円形で、種子はかたい果皮にくるまれている。

 

f:id:nontyant:20200104165438j:plain

f:id:nontyant:20200104165502j:plain

ミツバウツギはミツバウツギ科の落葉低木 。果実はさく果で、奴さんの袴のような形。熟すと赤褐色になり、手に触れるとカラカラと音がする。種子は大きさが5〜7mmのつぼ形で光沢がある。

 

f:id:nontyant:20200104165531j:plain

f:id:nontyant:20200104165551j:plain

ニシキギニシキギ科の落葉低木。果実はさく果で、裂開すると赤色の仮種皮が出てくる。仮種皮を取り除くと、直径3〜4mmの球形の種子が出てくる。種子は柔らかくサクサクと切断できる。

 

f:id:nontyant:20200104165645j:plain

f:id:nontyant:20200104165759j:plain

オトコヨウゾメはスイカズラ科の落葉低木 。果実は核果で秋に赤く熟す。核は5〜6mmの卵形で表面に稜とシワがあり先端が尖る。

 

f:id:nontyant:20200104165830j:plain

f:id:nontyant:20200104171436j:plain

サンシュユはミズキ科の落葉小高木。果実は核果で秋に赤く熟す。核は長さ10〜12mmの長楕円形で中央に稜がある。

 

f:id:nontyant:20200104171556j:plain

f:id:nontyant:20200104170305j:plain

モチノキはモチノキ科の常緑高木。果実は核果で晩秋に赤く熟す。核は半円状でシワがありギョウザのような形。

 

f:id:nontyant:20200104171518j:plain

f:id:nontyant:20200104170417j:plain

モッコクはサカキ科の常緑高木。果実はさく果で10〜11月に赤く熟し裂開すると種子が出てくる。種子は長さ5〜7mmの楕円形で橙赤色で果皮がくっついて複雑な模様を作る。

 

 f:id:nontyant:20200105110615j:plain

f:id:nontyant:20200104170529j:plain

サルスベリミソハギ科の落葉小高木。果実はさく果で、晩秋に熟すと裂開し種子が出てくる。種子は茶褐色の大きい5mmの翼を持つ。

 

仙台市青葉区

 

マサキ

マサキ(正木)はニシキギ科の常緑低木で、12〜1月に果実が紅色に熟し裂開します。果実はさく果で、裂開すると橙赤色の仮種皮が出てきます。仮種皮は果皮にくっついてすぐには落ちず、色彩が少ない冬の時期に彩を添えてくれます。

f:id:nontyant:20200103083440j:plain

果実は4裂して橙赤色の仮種皮が出てくる。

f:id:nontyant:20200102215257j:plain

葉に積もった雪が残り、コントラストがつき仮種皮がよく目立つ。

f:id:nontyant:20200102215549j:plain

仮種皮を取り除いた種子。種子は乳白色で長さ4〜5mmの楕円形。

f:id:nontyant:20200102215454j:plain

まだ裂開していない果実。葉は厚く革質で鋸歯がある。 12月2日

 

f:id:nontyant:20200102215801j:plain

花期は6〜7月で、花弁と萼片は4個、雄しべが4個。 7月7日

f:id:nontyant:20200102215733j:plain

高さは2〜6mで生垣や公園によく植えられる。 

 

仙台市水の森

 

ひっつき虫2

冬の時期になっても草地や雑木林を歩くと、ヤブタバコやセンダングサなどのひっつき虫が衣服にまとわりつきます。粘液や逆さトゲ、鉤状のトゲなど様々な形と方法でひっつきます。くっつかれると厄介ですが、それぞれ子孫を残すための仕組みを知ることができます。

f:id:nontyant:20191221153214j:plain

f:id:nontyant:20191226174513j:plain

ヤブタバコの果実は葉腋につく(上)。よく似たガンクビソウの果実は枝先に1個つく(下)。

f:id:nontyant:20191221153300j:plain

ヤブタバコの果実の長さは約3mmで、細長い先端から粘液が出ている。

 

f:id:nontyant:20191221153718j:plain

タコウギの果実はアメリカセンダングサとよく似ている。タコウギの果実のノギは開かず、ノギには逆さトゲがあり果実にも細かいトゲがある。

 

f:id:nontyant:20191221153752j:plain

ノブキの果実の先端には線毛があり粘液を出している。

f:id:nontyant:20191221153840j:plain

キンミズヒキにつくノブキ。ひっつき虫どうしがお互いにくっついてる。

 

f:id:nontyant:20191221153958j:plain

f:id:nontyant:20191221154021j:plain

ヒカゲイノコヅチはヒユ科多年草。果実の長さは約5mmで、針状の小苞が2個ある 。

 

f:id:nontyant:20191221154101j:plain

オオオナモミの果実には、カギ状のトゲが密生する。鋭いトゲなのでこれに触れたら痛い目にあいます。

 

仙台市茂ヶ崎

マンサクとトサミズキの果実

マンサクとトサミズキは、マンサク科の仲間で果実と種子の形がよく似ています。果実はさく果で、熟して果皮が裂開すると種子が弾け飛び出します。種子を出した後の果実の形が、鳥が大きく口を開けたようで、なんともユーモラスです。

 f:id:nontyant:20191219131032j:plain

裂開したマンサクの果実。1個の果実に2個の種子がある。

f:id:nontyant:20191219131219j:plain

トサミズキの果実は枝から垂れ下がる。果実には花柱が針状に残る。

 

f:id:nontyant:20191219131421j:plain

マンサクの種子は長さ6〜10mmの楕円形。 

f:id:nontyant:20191220085825j:plain

トサミズキの種子は長さ4〜5mmの楕円形。

マンサクとトサミズキの種子散布の方法は自動散布です。採取したマンサクの果実を室内に置いて数日後、種子が弾け飛びました。天井に当たるほど勢いがあり、遠距離まで飛ばします。弾ける仕組みは、熟して乾燥すると果皮が種子を圧迫し、裂開して弾け飛ばすようです。

 

f:id:nontyant:20191219170529j:plain

マンサクの果実。 11月3日

f:id:nontyant:20191219170709j:plain

トサミズキの果実。 9月11日

 

仙台市水の森公園

ハンカチノキの果実

ハンカチノキは中国原産の落葉高木で、4月下旬〜5月に花を咲かせます。花には白色の大きな苞葉があり、ハンカチのように垂れ下がります。果実は卵形で熟すと褐色になり、長い果柄で枝から垂れ下がり、風が吹くとゆらゆらと揺れて10月中旬〜11月に落下します。

f:id:nontyant:20191211110527j:plain

f:id:nontyant:20191211210945j:plain

果実には長い果柄があり枝から垂れ下がる。黄葉の時期に果実も褐色に熟す。  10月28日

f:id:nontyant:20191211110558j:plain

果実は核果で長さ約4cmの卵形で、熟すと落下する。

f:id:nontyant:20191212172647j:plain

核は肉厚の果肉に包まれていて、果肉をむくと甘酸っぱい香りがする。核は長さ約3.3cmの楕円形で多数の溝がある。

f:id:nontyant:20191212172721j:plain
核はオニグルミのように硬く、ノミを使ってを切断すると中にクルミのような種子が見える。

 

f:id:nontyant:20191211112026j:plain

f:id:nontyant:20191211211023j:plain

雌雄同株で両性花と雄花だけのものがあり、花弁はなく2個の大きい白色の苞葉がつく。白色の苞葉はヒラヒラと揺れるハンカチのようです。 5月6日

 

仙台市茂ヶ崎

シンテッポウユリ

シンテッポウユリ(新鉄砲百合)は、タカサゴユリテッポウユリの交配により作られた園芸種です。花期は8〜9月で、白色のラッパ状の花をつけます。果実はさく果で直立し、11〜12月に熟して上部が裂開し、風が吹くと種子が飛び出します。

f:id:nontyant:20191205073314j:plain

上から見ると裂開した果実は、6室に分かれ種子が整然と積み重なっている。

f:id:nontyant:20191205073620j:plain

果実は長さが10〜12cmと細長い。横から見ると裂開した果皮は、細い繊維でつながっていて、横からは種子がこぼれない仕組みになっている。

f:id:nontyant:20191205170522j:plain

種子は長さ約5mmの偏平で、周囲に幅2〜3mmの翼をもつ。

f:id:nontyant:20191205074410j:plain

f:id:nontyant:20191205074441j:plain

草丈は1〜1.5mで、花はテッポウユリに似るが細身で、葉は幅が狭く細長い。  8月31日

f:id:nontyant:20191205074542j:plain

若い果実は黄緑色で直立する。 9月28日

 

仙台市青葉山公園