面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで自然が作る造形をマクロレンズで撮影してます

ネムノキ

ネムノキ(合歓木)は7月に枝先に頭状花序をだし淡紅色の花を咲かせます。花は午後から夕方にかけて開き、多数の雄しべがブラシの毛のように広がります。雄しべの先端には黄色の葯がついていて、日が当たると金粉のように輝いて美しい。

f:id:nontyant:20190720105129j:plain

f:id:nontyant:20190720120248j:plain

枝先に10〜20個集まって咲く。花弁は5個、雄しべは多数つき、葯は黄色で、花糸は紅白色。雌しべは白色で雄しべより長く突き出ている。

f:id:nontyant:20190720105224j:plain

高さは5〜10mで、川岸や湖畔などに生える。

f:id:nontyant:20190720121254j:plain

葉は偶数羽状複葉で7〜10対の羽片が対生し、羽片には15〜20対の小葉が対生する。夜になると小葉が合わさって閉じ、眠っているように見えのが名前の由来のようです。

f:id:nontyant:20190720122119j:plain

果実は豆果で、若い果実は逆光で見ると透けて見える。 10月2日

f:id:nontyant:20190720122331j:plain

熟した果実。背景に枯れた小葉が見える。 11月20日

f:id:nontyant:20190720122429j:plain

豆果のサヤには5〜12個に種子がある。種子の大きさは長さ7〜9mmの楕円形。

 

仙台市水の森公園

アカメガシワ

アカメガシワ(赤芽柏)は雌雄異株の落葉高木です。花期は7月で枝先に円錐花序ををだし淡黄色の花を多数咲かせます。花には花弁がないためあまり目立ちません。葉は互生し卵形で先が尖り、葉柄は長く赤みを帯びます。5月初旬に芽吹く新芽は赤みを帯び美しく、名前の由来にもなっています。

f:id:nontyant:20190717064211j:plain

f:id:nontyant:20190717153905j:plain

雌花は雌しべが3個で花柱が反り返る。紅色に見えるのは子房で棘が多数つく。

f:id:nontyant:20190717092228j:plain

若い果実が多数つき円柱状になる。果実には紅色の花柱が残っている。     8月10日

f:id:nontyant:20190717064524j:plain

雄花は淡黄色で多数の雄しべがつく。 7月4日

f:id:nontyant:20190717064740j:plain

枝先に円錐花序を出す。葉は長さが10〜20cmで葉脈がよく目立つ。

f:id:nontyant:20190717065017j:plain

芽吹きの頃の新芽は赤みを帯びる。 5月6日

f:id:nontyant:20190717065046j:plain

冬芽は裸芽で星状毛が密生する。葉痕は円形。

 

仙台市茂ヶ崎

リョウブ

リョウブ(令法)は7〜8月に枝先に総状花序をだし小さな花を多数咲かせます。雌雄同株で雑木林などに普通に生える落葉小高木です。秋の紅葉は美しく、晩秋から冬の時期に垂れ下がる果実には趣があり、果実と種子も面白い形をしています。

f:id:nontyant:20190711172253j:plain

f:id:nontyant:20190711172313j:plain

花弁は5個、雄しべは10個で花弁より長く突き出て賑やかです。雌しべは1個。

f:id:nontyant:20190711172806j:plain

葉は枝先に集まり、楕円形で先が尖り鋸歯がある。

f:id:nontyant:20190711173104j:plain

紅葉は橙色や赤色に変化して美しい。 10月20日

f:id:nontyant:20190711173004j:plain

果実はさく果で熟す前は上向きにつく。 11月5日

f:id:nontyant:20190711173206j:plain

果実は熟すと褐色になり垂れ下がり、種子を出した後も残っている。

f:id:nontyant:20190711173415j:plain

果実を真上から見た所。熟すと裂開して多数の種子をだす。

f:id:nontyant:20190711180033j:plain

種子の大きさは約1mmで、表面に編み目模様がつく。

f:id:nontyant:20190711175848j:plain

冬芽と葉痕。傘のように開く芽鱗と三角状の葉痕。

 

仙台市茂ヶ崎 

クモの網と水滴

梅雨の時期、生垣のツツジの葉の上に作られたクモの網に水滴がつき、雨上がりのあと観察すると、水滴がキラキラと輝いて見えたりします。網の下から覗くと水滴は今にも落ちそうに丸く垂れ下がり、様々な形に変化します。

f:id:nontyant:20180717161347j:plain

水滴がクモの網に引っ張られているように様々な形に変化する。

f:id:nontyant:20180717161633j:plain

上から見ると小さな宝石のように輝いている。下にツツジの葉が見える。

f:id:nontyant:20180717162037j:plain

クロマツの葉に張ったクモの網につく水滴。下から覗くと水滴は今にも落ちそうに丸く垂れ下がる。

f:id:nontyant:20180717162647j:plain

f:id:nontyant:20180717162714j:plain

空を背景に下から覗くとクモの網は透明になり、空中に水滴が浮いているように見える。

f:id:nontyant:20190708220957j:plain

このクモはクサグモで、棚網を作り獲物が来るまで隠れてじっとしている。獲物が近づくと素早い動きで獲物を捉える。

 仙台市青葉山公園

オオバギボウシ

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)は7〜8月に、長い花茎をのばし多数の白色または淡紫色の花を咲かせます。4月頃の若芽はウルイと呼ばれ食用になり、葉は根生して生長します。6月中旬頃から花茎が伸びはじめ擬宝珠(ぎぼし)のような形の苞がつぼみを包み、ゆっくりと開花します。

f:id:nontyant:20190703112247j:plain

花弁は6個、雄しべは6個、雌しべは1個で雄しべより長く突き出る。

f:id:nontyant:20190703112422j:plain

長い花茎に多数の花を下向きにつける。茎の下の方から咲き始め、咲いた花は1日でしおれてしまう。

f:id:nontyant:20190703112629j:plain

花茎は長く、草丈は0.5〜1mになる。葉は広卵形で大きく基部はハート形で、縦じわのような葉脈がよく目立つ。

f:id:nontyant:20190703114029j:plain

芽生えの頃。 4月16日

f:id:nontyant:20190703114116j:plain

若芽の頃、葉はクルリと丸まって立つ。若芽はウルイと呼ばれ食用になる。   4月22日

f:id:nontyant:20190704175314j:plain

大きく成長した葉、まだ花茎は伸びてません。 6月3日

f:id:nontyant:20190703112933j:plain

伸びはじめた花茎の先端に集まったつぼみを包む苞がつく。 6月18日

f:id:nontyant:20190703114238j:plain

果実はさく果。若い果実は緑色で茎に多数垂れ下がる。 9月18日

f:id:nontyant:20190703114316j:plain

熟した果実は茶褐色になり、果皮が裂開して種子がこぼれ出る。 10月15日

f:id:nontyant:20190703114416j:plain

種子は長さが1cm前後で翼がある。

 

仙台市茂ヶ崎

 

ソシンロウバイ

ソシンロウバイは中国原産の落葉低木です。ロウバイの園芸品種で、公園などによく植えられています。花期は1〜2月で黄色の花を下向きに咲かせます。果実は春から夏に生長し、秋から冬にかけて乾燥し表面がひび割れて模様がつき、中に5〜12個のそう果が入っています。果実は翌年の春まで残るのもあり、花と果実が一緒に観察できます。

f:id:nontyant:20190630131347j:plain

f:id:nontyant:20190630132415j:plain

生長した果実は約3cmの卵形で、雄しべなどの名残がヒトデのように残る。ソシンロウバイの果実は花床が肥大したもので偽果。

f:id:nontyant:20190630131756j:plain

高さは2〜3mで、若葉と同時に生長した果実を多数つけている。

f:id:nontyant:20190701094851j:plain

冬の時期、果実は乾燥してヒビ割れて、編み目模様がついたようになる。この中に5〜12個のそう果が入っている。

f:id:nontyant:20190701094948j:plain
2月の花期の頃にも前年の果実がまだついている。 2月7日

f:id:nontyant:20190701095020j:plain

果実を破ると8個のそう果が入っていた。そう果は長さが約1cmの楕円形。

f:id:nontyant:20190701095048j:plain

花期は1〜2月で黄色の花被片がらせん状になり多数つく。 2月7日

 

f:id:nontyant:20190701095130j:plain

ロウバイは内側の花被片が暗赤色になる。 3月10日

 

仙台市青葉山公園

 

クガイソウ

クガイソウは6〜7月にかけて総状花序をつけ淡紫色の花を多数咲かせます。花冠は筒状で先が4裂し雄しべと雌しべが出てきます。よく見ると雄しべと雌しべは花冠より長く突き出て賑やかです。梅雨頃、長く伸びた茎に多数つく淡紫色の花は爽やかです。

f:id:nontyant:20190627132920j:plain

f:id:nontyant:20190627132900j:plain

淡紫色の花冠は筒状で先が4裂し、雄しべは2個で葯はベージュ色、雌しべは1個。雄しべと雌しべは花冠から突き出る。雌しべは雄しべより短く針状で柱頭は濃紫色。

f:id:nontyant:20190627133744j:plain

f:id:nontyant:20190627133829j:plain

オオバコ科の多年草で咲き始めの頃、茎は真っ直ぐに伸び4〜8個の葉を輪生状につける。

f:id:nontyant:20190628115946j:plain

輪生状の葉に近い方から咲き始め、受粉をおえると花冠や雌しべは散って針状の雌しべのみがついている。

 

仙台市茂ヶ崎