面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで自然が作る造形をマクロレンズで撮影してます

モミの球果

モミ(樅)はマツ科の常緑高木で、四国、九州、本州に分布します。高さが30m以上にもなる高木で、樹形が美しく、クリスマスツリーでも親しまれています。球果は、高木の梢につくため、滅多に近くでは見ることができません。球果は10〜11月頃熟すと、種鱗と種子を一緒に飛ばします。種鱗には尖りがあり球果の周りに突き出ています。

f:id:nontyant:20181107104504j:plain

球果は長さ9〜12cmの円柱状で、種鱗が尖り突き出ている。球果は熟すと灰褐色なり、種鱗が剥がれて種子が飛ばされる。

f:id:nontyant:20181107104552j:plain

球果は高木の梢につくので、近くで撮影するのは難しい。

f:id:nontyant:20181107120506j:plain

熟した球果から種鱗が剥がれ、種子とむき出しになった果軸が見える。

f:id:nontyant:20181107120616j:plain

1個の種鱗に2個の種子がつく。種子は長さが5〜6mmの三角状で翼がある。

f:id:nontyant:20181109143632j:plain

落下した種鱗。種鱗の大きさは幅が約3cmで、裏側(種子がつかない側)に尖りが見える。

f:id:nontyant:20181107120831j:plain

強風で落下した球果。熟す前の球果は緑色でベトベトした樹脂がついている。  10月2日

f:id:nontyant:20181107121013j:plain

多数の雄花が下向きについている。雄花は咲き始めると房状になり花粉を飛ばす。 4月6日

f:id:nontyant:20181107121053j:plain

葉は枝にらせん状につき密生する。成熟した葉の先端は、真ん中がくぼんで尖らない。

f:id:nontyant:20181107121128j:plain

モミの実生。若木は葉の先端が2裂し鋭く尖る。

f:id:nontyant:20181108103450j:plain

仙台市街地西部の青葉山には、モミの原生林が残る一帯があり、国の天然記念物に指定されていて、モミ林の北限と言われている。

仙台市青葉山公園 仙台市水の森公園

 

つる植物(秋)

夏の時期、他の植物に巻きついたりして、花を咲かせ生長していたつる植物は、秋になるとツルの生長が衰え、葉が色づいたり枯れたりしながら実をつけています。荒地や草地に生えたヘクソカズラノブドウヤマノイモなどは、巻きついた草の茎が枯れたりすると存在すらわからなくなってしまいます。そんな中でアレチウリ は、10月になっても地を這いながら生長し花を咲かせ、果実をつけ繁殖しています。

f:id:nontyant:20181031121654j:plain

ヘクソカズラはアカネ科のつる性多年草。夏に花を咲かせ、秋に果実は黄褐色に熟す。果実は直径約5mmの球形で先端に萼片が残る。

f:id:nontyant:20181102124748j:plain

ノブドウブドウ科の落葉つる性木本。果実は球形で紫色や青緑色などあり美しい。

f:id:nontyant:20181101180438j:plain

オニドコロはヤマノイモ科のつる性多年草 。果実はさく果で、上向きにつき翼が3個あり、中に翼のついた種子が数個ある。

f:id:nontyant:20181031121852j:plain

ヤマノイモヤマノイモ科のつる性多年草。葉腋にムカゴがついている。ムカゴは生のまま食べられ食用になります。地下にはヤマノイモ(自然薯)が生育する。

f:id:nontyant:20181031153906j:plain

サンカクヅルはブドウ科のつる性木本。果実はヤマブドウに似てますが、直径約7mmと小さく、食べてみると果肉はジューシーですが味はしません。花期は5〜6月。

f:id:nontyant:20181031122513j:plain

イケマはガガイモ科のつる性多年草。果実は細長い袋果で、中に多数の冠毛のついた種子がある。花期は7〜8月。

f:id:nontyant:20181031122616j:plain

フジはマメ科の落葉つる性木本。果実は豆果で、熟すと果皮がねじれて裂開して種子を散布する。花期は5〜6月。

 f:id:nontyant:20181102112416j:plain

アレチウリはウリ科のつる性一年草。北アメリカ原産で草地や荒地などに生える。雌花は淡緑色で球状につき柱頭が3裂する。花期は8〜10月。

f:id:nontyant:20181101180712j:plain

アレチウリの果実には軟毛と棘が多数密生している。棘は触ると痛く果実は金平糖のような形で結実する。葉は広心形で浅く5〜7裂する。

仙台市青葉山公園

ドングリの種類

秋の時期、雑木林ではコナラやクヌギなど落葉樹のドングリが実り、公園や街路樹ではアラカシやシラカシなど常緑樹のドングリが実っています。ドングリはブナ科の果実の呼び名で、果実は果皮がかたい堅果で、殻斗(かくと)に覆われます。堅果には、丸形や卵形など様々な形があり、殻斗もウロコ状やトゲ状など形は様々です。

f:id:nontyant:20181023143734j:plain

クヌギ堅果は、丸形で直径2cmと大きく、殻斗は小さな鳥の巣のようで、短いヒモ状のものが多数ついている。

f:id:nontyant:20181023143833j:plain

コナラの堅果は、長さ約2cmの楕円形で、殻斗はウロコ状で浅くつく。雑木林を代表する樹木で、公園などにもよく植えられている身近なドングリです。

f:id:nontyant:20181023144320j:plain

ミズナラは山地に生える落葉高木。堅果は卵形でコナラより大きく、殻斗はウロコ状で、小さな突起が多数あり深くつく。写真は成熟前の若いドングリ。

f:id:nontyant:20181025075744j:plain

成熟したミズナラのドングリ。地面に落ちたドングリは、先端から根がのびていました。

f:id:nontyant:20181023144022j:plain

クリは秋の味覚を代表する果実です。堅果はおにぎり形で、殻斗は鋭いトゲで覆われ、熟すと殻斗(イガ)は裂開して落下する。

f:id:nontyant:20181023144125j:plain

ブナの堅果三角錐形で、柔らかなトゲの殻斗に覆われ、熟すと落下し殻斗が裂開して果実がでる。果実は脂肪分が多く、果皮をむいて食べられ、ツキノワグマの大好物です。 山形県西川町

f:id:nontyant:20181026123149j:plain

アラカシの堅果は卵形で、殻斗には横縞がある。ドングリはシラカシとよく似ていて、ドングリで違いを見分けるのは難しい。アラカシの葉には、縁に粗い鋸歯があるので、葉の形で違いがわかる。

f:id:nontyant:20181023144553j:plain

シラカシ堅果は卵形で、殻斗には横縞がある。葉の縁に浅い鋸歯がある。

f:id:nontyant:20181023144919j:plain

マテバシイ堅果は、砲弾のような形で長さが約3cmと大きい。殻斗はウロコ状で浅くつく。葉は厚い革質で全縁。

f:id:nontyant:20181023145018j:plain

ウバメガシの堅果は卵形で、殻斗はウロコ状で浅くつく。葉は厚い革質で縁にまばらに浅い鋸歯がある。

f:id:nontyant:20181023145147j:plain

上左からシラカシ、アラカシ、コナラ。下左からマテバシイクヌギミズナラ。つまようじを短く切ってヘソの中心に刺して回すと、マテバシイ以外のドングリは良く回る。一番良く回るのは、ミズナラとアラカシです。

f:id:nontyant:20181023145215j:plain

上左からシラカシ、アラカシ、コナラ。下左からマテバシイクヌギミズナラ。どの殻斗も小さなお椀のような形で、一番小さい殻斗がマテバシイとは驚きです。

仙台市青葉山公園 仙台市野草園 

 

コウヤマキの球果

常緑針葉樹のコウヤマキ高野槙)は、雌雄同株で春に花を咲かせ、秋に球果をつけます。球果は10月頃成熟すると、種鱗が開き始め種子が出てきます。1個の種鱗には数個の種子がつき、開いた種鱗から種子が落ちます。球果はマツカサ状で種子が落ちても長く残っています。

f:id:nontyant:20181017122739j:plain

球果は長さが約9cmのマツカサ状で、扇形の種鱗がらせん状に付いてできている。球果は成熟すると種鱗が開き種子が出てくる。

f:id:nontyant:20181019113937j:plain

1個の種鱗には6〜9個の種子があり、合計すると120個以上の種子がある。開いた種鱗の間から種子の翼が見える。

f:id:nontyant:20181017123341j:plain

種子は卵形で両端に翼があり、大きさは翼を含むと長さ約1.3cm。

f:id:nontyant:20181017122825j:plain

成熟する前の球果は、種鱗の表面が淡緑色、縁が茶色のヒモのように見え、まるで球果がヒモで縛られているように見える。 9月18日

f:id:nontyant:20181017123554j:plain

雄花は直径7mmの球状で、枝先に20〜30個、かたまってつく。

f:id:nontyant:20181019114011j:plain

葉は線形で長さ15〜18cm。よく見ると中心にスジがあり2本がくっ付いているように見える。裏面には白色の気孔帯がある。葉の先端はくぼみがあり触っても痛くない。

f:id:nontyant:20181019114131j:plain

コウヤマキは高さが30m以上にもなる常緑高木。樹皮はヒノキに似ていて縦に裂け、材は耐久性にすぐれる。高野山に多く自生することから名前がついたようです。

仙台市青葉山公園 仙台市野草園

 

ミツバアケビの果実

つる植物のミツバアケビ(三葉通草)の果実は、秋に熟すと裂開して果肉が見えてきます。果肉は乳白色のゼリー状で甘く食べられます。果肉の中には小さな黒い種子が多数あり、種子は光沢があり玉砂利のような形をしています。以前は仙台市内の住宅地の林や荒地などでもよく見ることができたが、現在は宅地開発が進んでほとんど見ることができなくなりました。

f:id:nontyant:20181013160816j:plain

果実は熟すと裂開して果肉が見えてくる。裂開したばかりの果肉は乳白色で種子はまだ見えていない。

f:id:nontyant:20181016165220j:plain

裂開して数日が経った果実。果肉は灰色になり黒い種子が見えてくる。

f:id:nontyant:20181013161055j:plain

この果実はまもなく裂開しそう。ミツバアケビは果肉だけでなく果皮も食べられ、細切りにして肉やピーマンなどと炒めると程よい苦味があり美味しい。

f:id:nontyant:20181016165357j:plain

果肉をナイフで裂くと多数の黒い種子が出てくる。果肉を食べると種子が果肉にまつわりつき食べにくいが自然の甘みがある。

f:id:nontyant:20181013161332j:plain

種子は長さ約7mmで玉砂利のような形をしている。種子の端に白い綿のようなものが付いていて、果肉にくっ付いている。

f:id:nontyant:20181013161413j:plain

f:id:nontyant:20181013161445j:plain

ミツバアケビは山野の林縁に生え、雌雄同株で春に花を咲かせる。葉腋から総状花序をつけ先端に雄花、基部に雌花をつける。雌花は赤紫色の3個の萼片に雌しべがつく。葉は3出複葉で小葉が3枚あり、アケビの小葉は5枚なので区別がつきやすい。

 仙台市青葉区

 

ノハラアザミ

ノハラアザミ(野原薊)の花はタンポポなどと同じ頭状花(とうじょうか)で小さな紫色の花を多数つけます。花期は8月から10月と長く、9月末頃から早く咲いた花は果実をつけます。果実には風に飛ばされやすいように冠毛(綿毛)がついて、熟すと飛び出します。枯れた花は地味で見向きもしませんが、よく見ると花の仕組みなどが良くわかり面白いです。

f:id:nontyant:20181010121435j:plain

花は枯れて冠毛をつけた果実が飛び出している。果実には羽根のような冠毛が多数ついていて風に飛ばされやすい仕組みになっている。

f:id:nontyant:20181010121705j:plain

多数の冠毛と果実が飛び出ている。果実は風が吹くと遠くへ飛ばされる。

f:id:nontyant:20181010121547j:plain

飛び出した果実に枯れた雌しべの花柱がついている。

f:id:nontyant:20181011222019j:plain

小さなバナナのような果実。長さ約4mmで果実には果肉はなく薄い殻が種子とくっ付いている。

f:id:nontyant:20181010121915j:plain

紫色で花冠から飛び出ているのが雄しべ。先端に花粉がついている。 

f:id:nontyant:20181010122042j:plain

薄紫色の雌しべは、雄しべの花粉を押し出すように伸び出している。よく見ると柱頭が2裂している。 9月11日

f:id:nontyant:20181010122338j:plain

ノハラアザミは日当たりの良い草地や林縁に生え、草丈50cmから1mになる多年草。葉は羽状に裂けて縁に棘があり、基部は茎を抱く。

仙台市水の森公園

ヒシの果実

浮葉植物のヒシ(菱)は、夏に花を咲かせ秋に果実をつけます。果実は対角線が約2.5〜3cmの菱形で両端に2本の鋭い棘があり面白い形をしています。水中に沈んでいる果実を採り、果皮の汚れを落とすと果皮は葉柄と同じ黄緑色で、果皮をむくと褐色の硬い殻があり、その中に種子があります。

f:id:nontyant:20181003143517j:plain

開花後、花柄が水中に沈み果実をつける。果皮や茎には浮遊物がついていて汚れている。

f:id:nontyant:20181003143710j:plain

ヒシの葉は水面に浮いていて菱形をしている。葉柄は膨らんでいるので葉が浮きやすくなっている。果実は葉と茎の下にあり裏返しにしないと見つけられない。根は水中の土の中にあり、長い茎は至るところから水中根を出している。

f:id:nontyant:20181003145029j:plain

汚れを取り除き乾燥させた果実は、忍者が使用した撒菱(まきびし)のようです。

f:id:nontyant:20181003144420j:plain

柔らかい果皮を取り除いた果実。果実はお湯で下茹でして、殻をむいてそのまま食べたり、炒め物などに利用される。下茹でした種子をそのまま食べると味はなく、食感はクルミに似ている。

f:id:nontyant:20181003145219j:plain

棘の長さは大きいもので約10mmあり、棘の先端は逆棘(カエリ)になっていて、刺さりやすく抜けにくくなっている。

f:id:nontyant:20181003145822j:plain

夏に咲いた両性花。花の直径は約1cmと小さい。白色の花弁は4個で、雄しべは4個、雌しべは1個つく。

f:id:nontyant:20181003145949j:plain

池面いっぱいに広がったヒシの葉。 7月30日

仙台市水の森公園 丸田沢堤