面白い接写の世界

雑木林や公園などで、植物や自然の営みをマクロレンズで撮影してます

冬芽と葉痕6

冬芽には花芽(かが)と葉芽(ようが)、混芽(こんが)があります。ヤマボウシハナミズキのように花芽は卵形や球形に膨らみ、葉芽は小さく先端が尖った形が多いようです。トチノキやニワトコなどには混芽があり、冬芽が大きく膨らんで、芽吹きもダイナミックです。

f:id:nontyant:20210224112456j:plain

f:id:nontyant:20210224112519j:plain

芽鱗は3個で頂芽は帽子のように見えるカラスザンショウ。枝には鋭いトゲがあり、側芽の冬芽は小さい(下)。

 

f:id:nontyant:20210224112625j:plain

キリの冬芽はイボ状で小さく、葉痕は円形で維管束痕はハート形。

f:id:nontyant:20210224112738j:plain

キリの花芽は卵形で細かい毛が密生する。

 

f:id:nontyant:20210224112939j:plain

冬芽は芽鱗が5列に並び多数つくクヌギ

 

f:id:nontyant:20210224112837j:plain

クリの芽鱗は3〜4個、冬芽は栗の形にそっくりで、葉痕は半円形。

 

f:id:nontyant:20210224113216j:plain

冬芽はほぼ球形で先端が尖るヤマボウシ

f:id:nontyant:20210224113428j:plain

ヤマボウシの葉芽は先端が尖り筆のよう。

 

f:id:nontyant:20210224143202j:plain

ハナミズキの花芽は外側と内側に一対の芽鱗がある。

f:id:nontyant:20210224144315j:plain

ハナミズキの小さい葉芽。

 

f:id:nontyant:20210224143257j:plain
やわらかい毛の芽鱗に包まれるハクモクレンの花芽。

 

f:id:nontyant:20210224113528j:plain

コブシの花芽はキャップ状の芽鱗に包まれ、毛は立っている。

 

f:id:nontyant:20210224113822j:plain

細かい毛がついた芽鱗が4個のナツツバキ。

 

f:id:nontyant:20210224114111j:plain

頂芽は裸芽のガクアジサイ

 

f:id:nontyant:20210224114221j:plain

U字形の葉痕に囲まれたキハダの冬芽。芽鱗は2個で円錐形。

 

f:id:nontyant:20210224114259j:plain

2個の芽鱗が剥がれそうなヤブデマリ 。

 

f:id:nontyant:20210224114333j:plain

繊細で美しい芽鱗に包まれるバイカツツジ

 

f:id:nontyant:20210224114422j:plain

かたい爪のような芽鱗に包まれるミズキ。

 

f:id:nontyant:20210224151931j:plain
大きな芽鱗に包まれたトチノキの混芽。

f:id:nontyant:20210224152544j:plain

トチノキの芽吹き。 4月28日

 

仙台市青葉区

春のきざし

2月中旬ネコヤナギの冬芽から花穂が出始めてきました。マンサクやソシンロウバイの花芽も開き始めました。雑木林では、早春に芽吹く木々の冬芽の芽鱗が少しづつ剥がれたり、押し出されたりしています。

f:id:nontyant:20210216104505j:plain

銀色に輝く花穂の上に剥がれた芽鱗がついているネコヤナギ。

f:id:nontyant:20210216104817j:plain

キャップ状の芽鱗が剥がれて花穂が出始めたスミヨシヤナギ 。

f:id:nontyant:20210216104856j:plain

大きい芽鱗の先端から花穂が出始めたオオキツネヤナギ 。

 

f:id:nontyant:20210216120941j:plain
卵球状の花芽から細長いひも状の花弁が出始めたマンサク。

 

f:id:nontyant:20210216105155j:plain

花芽が裂開して多数のつぼみが現われたハナミズキ

 

f:id:nontyant:20210216121308j:plain

花芽から多数のつぼみが現われたアオキ。

f:id:nontyant:20210216121030j:plain

芽鱗が押し出されて膨らみ始めたニワトコ。

 

f:id:nontyant:20210216105247j:plain

膨らみ始めた紅梅のつぼみ。

 

f:id:nontyant:20210216105342j:plain

いち早く芽吹きだしたノイバラ。

 

f:id:nontyant:20210216105418j:plain

一輪の花が咲き始めたソシンロウバイ

 

仙台市青葉山公園 

冬芽と葉痕5

冬芽を包む芽鱗にはウロコ状や1個のキャップ状のものや、荒い毛や細かい毛がついたものなど色も形も様々です。芽鱗がなく芽がむき出しで、毛などでおおわれる裸芽には、オニグルミやアワブキ 、ムラサキシキブなどがあります。

f:id:nontyant:20210202173424j:plain

f:id:nontyant:20210202173453j:plain

アオギリの頂芽の芽鱗は10〜16個あり、赤褐色の毛が密生している。暖かいロシア帽のよう。

 

f:id:nontyant:20210202173627j:plain

f:id:nontyant:20210203171853j:plain

ツクバネの芽鱗は4列に並び、各々に4〜5個つく(上)。3月になると対生する新芽がのびてくる(下)。 

 

f:id:nontyant:20210202174006j:plain

マユミの芽鱗は4〜8対になる。葉痕は半円形。

f:id:nontyant:20210202174042j:plain

ツリバナの鱗芽は先端が尖り、葉痕はマユミと同じ半円形。

 

f:id:nontyant:20210203172044j:plain
コウゾの冬芽は丸みがあり芽鱗は2個。

 

f:id:nontyant:20210202174253j:plain

ガマズミの枝や冬芽には星状毛と荒い毛が多い。芽鱗は2対ある。

 

f:id:nontyant:20210203132800j:plain
ブナの冬芽は4列に並ぶ芽鱗の先端が白く、アクセントになり美しい。

 

f:id:nontyant:20210203132853j:plain

ナラガシワの冬芽の芽鱗は5列に並び、頂芽の周りに側芽が多くつく。

 

f:id:nontyant:20210202174458j:plain

かたい芽鱗に包まれるハンカチノキ。

 

f:id:nontyant:20210203172210j:plain

キャップ状の1個の芽鱗に包まれるオオキツネヤナギ 。

 

f:id:nontyant:20210204113042j:plain

オニグルミの冬芽は裸芽で、細かい黄褐色の毛が密生する。頂芽は大きく、葉脈がスジ状に見える。

 

f:id:nontyant:20210202174637j:plain

シナサワグルミの冬芽は裸芽で、細かい毛が密生する 。

 

f:id:nontyant:20210202174551j:plain

半円形の葉痕がよく目立つアオキ。枝も冬芽も緑一色。

 

f:id:nontyant:20210202174804j:plain

ボダイジュの枝と冬芽は細かい毛でおおわれる。芽鱗は赤茶色で2個。

 

f:id:nontyant:20210203133022j:plain

ホオノキの冬芽はキャップ状の芽鱗に包まれる。

 

f:id:nontyant:20210202173735j:plain

ユリノキは1対の芽鱗に包まれ、葉痕は円形。

 

f:id:nontyant:20210204093421j:plain

常緑樹のタラヨウの頂芽は小さな円錐形。

 

仙台市青葉区

カクレミノ

カクレミノ(隠れ蓑)はウコギ科の常緑小高木です。夏に咲く花は小さく目立たず、果実も小さく地味な色合いで目立ちません。常緑樹ですが秋に紅葉し、落葉した後は若葉が残り、冬の時期に緑色のコントラストが楽しめます。日陰でも育つことから公園や庭などによく植えられ、変化のある葉の形を楽しめる樹木です。

f:id:nontyant:20210128155854j:plain

f:id:nontyant:20210128160103j:plain

葉は枝先に集まってつく。若木の葉は2〜5裂したり、切れ込みがなかったり変化に富む。

f:id:nontyant:20210129083925j:plain

f:id:nontyant:20210128160159j:plain

冬の雑木林の中で常緑の葉がよく目立つ。成木の葉は切れ込みのない広卵形。

 

f:id:nontyant:20210128160624j:plain

若い果実は緑色。果実は先端に花柱が残る。 9月30日

f:id:nontyant:20210129084808j:plain

黄色から橙色、褐色に紅葉する。 10月27日

 

f:id:nontyant:20210128160504j:plain

果実は秋から冬に黒色に熟す。

f:id:nontyant:20210128160525j:plain

種子は長さが約7mmのくし形。

 

f:id:nontyant:20210128160957j:plain

葉痕は三日月形で若枝は緑色。

f:id:nontyant:20210129085048j:plain

芽吹きの頃。 5月11日

 

仙台市若林区

果実と種子3

晩秋から冬にかけて草地や荒地、河原などで草木の果実が見ることができ、果実のなかの種子は個性的な形と質感を見せてくれます。

f:id:nontyant:20210121165349j:plain

f:id:nontyant:20210121165417j:plain

ヤブアズキの果実は長さが7〜8cmのさや状で、熟すとさやがねじれて種子を弾き飛ばす。種子は長辺が4〜5mmのひしがた。

 

f:id:nontyant:20210121165458j:plain

f:id:nontyant:20210121165515j:plain

ツルマメの果実は長さが約3cmのさや状で、多数の毛で覆われている。種子は5〜6mmの楕円形で、種皮は光沢はなくベルベットのような質感。

 

f:id:nontyant:20210121165628j:plain

f:id:nontyant:20210121165642j:plain

マツヨイグサの果実は熟すと先端から裂開し種子を散布する。種子は大きさが約1mmの扁平な多角形で木片のよう。

 

f:id:nontyant:20210121165729j:plain

f:id:nontyant:20210121165814j:plain

ニラの果実は熟すと3裂し種子を散布する。種子は長辺が約3mmのいびつな形で、細かい凹凸がある。

 

f:id:nontyant:20210122104938j:plain

f:id:nontyant:20210121165854j:plain

アメリアサガオの果実は熟すと裂開し種子を散布する。種子は底辺が約4mmのくし形で、光沢のない黒い毛が密生する。

 

f:id:nontyant:20210121165942j:plain

f:id:nontyant:20210121165959j:plain

ツユクサは苞に包まれた果実が裂けて種子を散布する。種子はゴツゴツした石のよう。

 

f:id:nontyant:20210122104308j:plain

f:id:nontyant:20210122104328j:plain

イタドリの果実は3個の翼状の花被片に包まれる花被片は長さが約10mmの翼状で、濃茶色に見える果実を包む

 

f:id:nontyant:20210122103637j:plain

f:id:nontyant:20210122103713j:plain

アレチウリの果実は熟すと褐色になり、果実は約10個の果実が集まって金平糖のような形を作る。種子は長さ約10mmの楕円形

  

仙台市若林区 仙台市茂ヶ崎

冬の草木2

冬の雑木林では落葉樹のほとんどが葉を落とし、アオキやモミなどの常緑樹が目立ちます。その中で秋につけた果実がまだ残ってる草木があり、晩秋の名残を見せてくれます。

f:id:nontyant:20210117104912j:plain

f:id:nontyant:20210117104929j:plain

ミツバウツギの果実。果実はしおれているが、下からのぞくと種子がまだ残っている。

 

f:id:nontyant:20210118142747j:plain

f:id:nontyant:20210117104541j:plain

センニンソウの果実。果実はそう果で、長い花柱が残り羽毛状になる。

 

f:id:nontyant:20210118143450j:plain

f:id:nontyant:20210118143412j:plain

ツクバネの果実。落下するときは果実が下になり、4個の羽がくるくる回って落ちる。

 

f:id:nontyant:20210117105304j:plain

林床ではヤブコウジの赤い果実が1個ついている。

 

f:id:nontyant:20210117105439j:plain

ヤマユリの果実。翼がついた種子がまだ半分残っている。

 

f:id:nontyant:20210117105915j:plain

ヒヨドリバナの果実。冠毛のついた果実がまだ残っている。

 

f:id:nontyant:20210117110005j:plain

コバギボウシの果実は裂開すると種子が現れる。種子は黒色で翼がある。

 

f:id:nontyant:20210118113718j:plain

冠毛のついた果実が残るオヤマボクチ

 

f:id:nontyant:20210117110105j:plain

ハウチワカエデの翼果。

 

f:id:nontyant:20210118143251j:plain

ノリウツギの装飾花と果実。

仙台市茂ヶ崎

冬芽と葉痕4

冬の時期、風が弱く穏やかな日は木々の冬芽と葉痕を観察するのが楽しみの一つで、面白い形の冬芽や葉痕に出会った時はワクワクします。

f:id:nontyant:20210111100123j:plain

三角顔のひょうきんなオオバヤシャブシ

 

f:id:nontyant:20210111100436j:plain

芽鱗は黄褐色の毛に包まれるウリノキ。

 

f:id:nontyant:20210111100514j:plain

芽鱗は2個つくミツバウツギ。

 

f:id:nontyant:20210107162817j:plain

維管束痕が円の形をつくるキササゲ。

 

f:id:nontyant:20210107163243j:plain

仮面のような葉痕をもつノリウツギ

 

f:id:nontyant:20210107162955j:plain

f:id:nontyant:20210107162929j:plain

鷹の爪のようなタカノツメの冬芽。

 

f:id:nontyant:20210107163538j:plain

ムラサキシキブの冬芽は裸芽で、ウサギの耳のよう。

 

f:id:nontyant:20210107163621j:plain

半月形の小さな葉痕のモミジイチゴ

 

f:id:nontyant:20210107163510j:plain

芽鱗に細かい毛が密生するナナカマド。

 

f:id:nontyant:20210111105639j:plain

f:id:nontyant:20210111105717j:plain

ヤマボウシの葉芽(上)と花芽(下)。

 

f:id:nontyant:20210111110806j:plain

ミツマタの葉芽は細かい毛に包まれて、花芽は柄があり垂れ下がる。
 

仙台市茂ヶ崎 仙台市青葉区