面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで自然が作る造形をマクロレンズで撮影してます

早春の雑木林

雑木林の中で、春一番早く咲く花と言えばマンサクです。キブシも早春に咲き、目立たないようですが、ハシバミやツノハシバミ、ハンノキも早春に咲きます。芽吹き前の木々の枝には、つる状の前年つけたフジやクズなどの実がまだ残っています。林床には、フキノトウやセリバオウレンの小さな花が咲き、ジャノヒゲが鮮やかな青色の実をつけ、ヤブコウジの赤い実も見つけました。早春の雑木林は、春の訪れと秋冬のなごりが混在する姿を見せてくれます。

f:id:nontyant:20180326165356j:plain

マンサク(満作)の花は、短枝の節に2個つく。花弁は黄色の細長いひも状で4枚あり、赤茶色の萼片も4枚あり、花弁とのコントラストが美しい。

f:id:nontyant:20180327075145j:plain

早春の雑木林の中で、マンサクの花は彩を添えて出迎えてくれる。なんとなくマンサクの花を見ると心がなごみます。

f:id:nontyant:20180327075405j:plain

キブシ(木五倍子)の花は淡黄色の小さな鐘形で、花弁、萼片とも4枚あり、下から覗かないと雄しべ、雌しべが見えません。

f:id:nontyant:20180327075444j:plain

キブシは雌雄異株で、穂状花序が垂れ下がってつき、枝一面に花がつくのでよく目立ちます。

f:id:nontyant:20180327075644j:plain

ハシバミ(榛)の花は、尾状花序をつけ垂れ下がる。これは雄花でまだ鱗片が開かず、開花してません。秋につける果実は、ヘーゼルナッツと呼ばれ食べられ、カシューナッツの味でビールのつまみに最高です。

f:id:nontyant:20180327075742j:plain

ツノハシバミ(角榛)は雌雄同株で、赤色の雌花と尾状に垂れ下がった雄花が見える。雄花の鱗片が開いて紅色の葯が覗いている。雌花は、赤い花柱がヒゲのように多数出ています。

f:id:nontyant:20180327075910j:plain

ハンノキ(榛の木)は雌雄同株で、雄花は尾状に垂れ下がる。雄花の鱗片は少し開いているが、まだ花粉は飛んでないようです。

f:id:nontyant:20180327075951j:plain

ヤマハンノキ(毛山榛の木)も雌雄同株で、雄花は尾状に垂れ下がり、雌花は花柱が紫紅色で雄花序の根元に数個つける。この雄花は鱗片が開いて花粉が飛んでいます。

f:id:nontyant:20180327080445j:plain

フジ(藤)の果実。前年つけた果実がそのままついている。果皮が裂けていないので、中に種子が入っています。フジの種子の散布方法は、硬い果皮がねじれて裂開し種子を飛ばす自力散布です。

f:id:nontyant:20180327080523j:plain

クズ(葛)の実。前年つけた果実が果皮のみ残っていて種子は弾けたようです。果皮には褐色の多数の毛が生え輝いている。

f:id:nontyant:20180327080645j:plain

ヤブコウジ(藪柑子)は、林内に生える常緑小低木で、秋に赤い実をつける。果実は、直径約5mmの球形で、冬の時期でも残っていることが多い。

f:id:nontyant:20180327081318j:plain

オヤマボクチ(雄山火口)は、アザミの仲間で秋に暗紫色の花を下向きに咲かせる。冬の時期、ドライフラワーになった姿を見せてくれます。

f:id:nontyant:20180327080752j:plain

ジャノヒゲ(蛇の髭)の花は、7〜8月に咲き、果実は熟すと鮮やかな青色になる。果実は、果皮が早く落ちて、直径約7mmの種子がむき出しになる。冬の時期も種子は、艶のある青色のまま色を失いません。

f:id:nontyant:20180327183638j:plain

落ち葉の間から小さな花を咲かせているフキノトウ。香りが良く天ぷらにしたり、そのまま刻んで味噌汁に入れたりと、春の香りと味が楽しめます。

f:id:nontyant:20180327080901j:plain

セリバオウレン(芹葉黄蓮)は、落ち葉の間から小さな可憐な白い花を咲かせる。雄花と両性花があり、両性花には、雄しべと雌しべがあります。

f:id:nontyant:20180327080226j:plain

クロモジ(黒文字 クスノキ科)の冬芽。球形で先が尖ってるのが花芽で、葉の展開とほぼ同時に4月下旬から5月にかけて開花する。クロモジの枝からは良い香りがします。

f:id:nontyant:20180327081217j:plain

ニワトコ(接骨木)は、他の植物に先駆けて新芽が出ます。花は4月に葉の展開と同時に開花します。雑木林の中では、ニワトコの芽吹きが一番早いようです。  仙台市水の森公園