面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

センダン

センダン(栴檀)の果実が葉を落とした冬の時期でもまだつけています。果実は秋に淡黄色に熟し翌年の春の頃までつけたりします。果実は核果で、核には稜(りょう)があり楕円形の歯車のような面白い形をしています。

f:id:nontyant:20190206120356j:plain

果実は秋に熟すと淡黄色になる。果実の大きさは約直径1.5cmの楕円形で果柄が長く、春の時期までつけることがある。

f:id:nontyant:20190206120555j:plain

核の形に沿ってシワシワになった果実。

f:id:nontyant:20190206123111j:plain

f:id:nontyant:20190206120659j:plain

果肉を取り除いた核。核は乾燥させると石灰色(下)になり、上から見ると5角形〜7角形などがあり、1室にそれぞれに1個種子がある。核の大きさは長さ約12mmの楕円形。

f:id:nontyant:20190207173645j:plain

堅い核から取り出した種子。種子の大きさは長さ約7mmの長楕円形で、変形した形が多い。

f:id:nontyant:20190206120929j:plain

5〜6月に集散花序をだし淡紫色の花をつける。花弁が5個、雄しべが10個、雌しべが1個ある両性花。 6月9日

f:id:nontyant:20190206121251j:plain

センダンはセンダン科の落葉高木で広い角度で枝分かれする。葉は互生し羽状複葉。 6月12日

仙台市青葉山公園