面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで自然が作る造形をマクロレンズで撮影してます

スギナとツクシ

4月中旬になり道端ではスギナが一斉に伸びてきました。スギナはトクサ科のシダ植物で胞子で増えます。ツクシはスギナの胞子茎で、ツクシとスギナは地下茎で繋がっています。ツクシは3月中頃から芽を出し、生長したツクシは次々と胞子を放出します。スギナもツクシが胞子を出し始めたころ伸びてきます。

f:id:nontyant:20190413111035j:plain

伸び始めたたスギナの葉に水滴がついてキラキラ光る。

f:id:nontyant:20190413111602j:plain

胞子を放出したツクシはしおれて、スギナが伸び始めている。

f:id:nontyant:20190413111814j:plain

芽を出し始めたツクシ。ツクシの頭部は亀甲模様で、胞子を出すときに亀甲片の輪郭に隙間ができ開いてくる。

f:id:nontyant:20190413111955j:plain

胞子のうが破れて胞子を出しているツクシ。左側に3〜4mmの線状に見えるのが飛び出した胞子(拡大しないと良く見えません)。

f:id:nontyant:20190413112100j:plain

インクカートリッジのような胞子嚢に緑色の胞子が無数に入っている。白くなっている胞子嚢は胞子を出し終えている。

f:id:nontyant:20190413112449j:plain

胞子のうが裂けて胞子が出ている。胞子は緑色の粉末に見える。

f:id:nontyant:20190415083414j:plain

胞子を出し終えたツクシのそばに寄り添うようにスギナが伸びている。

仙台市青葉山公園