面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで自然が作る造形をマクロレンズで撮影してます

ウワミズザクラ

ウワミズザクラ(上溝桜)は、5月初旬に若葉が開くと同時に開花します。上向きにつけた総状花序に多数の小さい白い花をつけます。ソメイヨシノヤマザクラと違って、ウワミズザクラの総状花序は、若葉を背景に爽やかさを感じさせてくれます。果実は5〜7mmの卵形で、夏に赤色から黒色に熟し食べられます。

f:id:nontyant:20190507093813j:plain

f:id:nontyant:20190507094135j:plain

新しい枝先に総状花序がつき、花序の下に葉がつく。花は風が吹くとゆらゆらと揺れる。

f:id:nontyant:20190507094051j:plain

白色の花弁は5個、雌しべは1個、雄しべは多数つく。

f:id:nontyant:20190507110835j:plain

山野の日当たりの良い林縁などに生える高さ10m以上になる落葉高木。

f:id:nontyant:20190507094451j:plain

f:id:nontyant:20190507094437j:plain

果実は約6mmの卵形で先が尖り、7〜8月に赤色から黒色に熟す。熟した果実は食べられる。

f:id:nontyant:20190507094701j:plain

ソメイヨシノほど鮮やかでないが、秋に紅葉する。

 

仙台市水の森公園