面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

セリバオウレンの果実

セリバオウレン(芹葉黄蓮)は3月下旬に花を咲かせ、4月中旬に果実をつけ、5月中旬に熟した果実は種子を散布します。早春に咲く花は小さく地味なので目立ちませんが、5月頃につく果実は輪状に広がり、一見花のようにも見えます。

f:id:nontyant:20190523113754j:plain

熟した果実。9〜10個の果実が輪状になり、果実の先端が開いて種子を散布する。輪状の直径は3〜4cm。

f:id:nontyant:20190523113831j:plain

果皮が裂けて種子が見える。1個の果実に4〜6個の種子がある。

f:id:nontyant:20190523113922j:plain

種子は長さが約2mmの楕円形で縦じわがある。

f:id:nontyant:20190523114015j:plain

若い果実の先端は尖り、まだ開いていない。  4月16日

f:id:nontyant:20190524095737j:plain
林床に群生で咲くため、多数の輪状に広げた果実はよく目立つ。

f:id:nontyant:20190523114901j:plain

雄花にはヘラ状の白い花弁が約12個あり、雄しべが十数個ある。

f:id:nontyant:20190523115027j:plain

両性花には雄しべと雌しべがあり、白色の花弁と雌しべが約10個ある。

f:id:nontyant:20190524105341j:plain
セリバオウレンはキンポウゲ科多年草で、葉にはセリの葉のように切れ込みがある。 3月26日

仙台市茂ヶ崎