面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

カラスノエンドウ

つる植物のカラスノエンドウが5月下旬頃から、果実が黒く熟して種子を弾き飛ばしています。黒く熟した果実を覗き込むと、いろんな方向から小さな種子が飛んできて身体に当たります。花期は4〜5月で紅紫色の小さな蝶形の花を咲かせる。

f:id:nontyant:20190603210816j:plain

果実は熟すとサヤが裂けねじれた反動で種子を飛ばす。弾ける瞬間に「ビシッ」と音がして種子は2〜3mも飛ばされる。

f:id:nontyant:20190603211339j:plain

果実の長さは4〜5cmで、サヤの中には6〜12個の種子がある。種子の大きさは2〜3mmの球形。

f:id:nontyant:20190603214840j:plain
種子を弾き飛ばし終えた果実のサヤ。

f:id:nontyant:20190603212023j:plain

熟す前の果実は、サヤエンドウのようです。 5月8日

f:id:nontyant:20190603211305j:plain

果実は5月下旬頃から熟し始める。黒く熟した果実や、まだ青い果実などが見える。

f:id:nontyant:20190603212416j:plain

紅紫色の小さな花。 4月8日

f:id:nontyant:20190603215230j:plain

葉は羽状複葉で、先端が巻きひげになって他の植物に巻きつく。
 

仙台市青葉山公園