面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

ウリノキ

ウリノキ(瓜の木)は6月頃、葉腋から集散花序をだし白色の花弁の花を咲かせます。開花前の花弁は細長い筒状ですが、開花すると6〜8個の花弁は外側にクルクルと巻きあがり、雄しべ、雌しべが見えてきます。ウリノキ 科の落葉低木で、葉は瓜の葉に似ていて開花時は大きく生長しています。

f:id:nontyant:20190613095516j:plain

f:id:nontyant:20190613095543j:plain

開花すると6〜8個の細長い花弁は外側にクルクルと巻きあがる。雄しべは6個、花柱は1個で雄しべよりも長い。

f:id:nontyant:20190613095603j:plain

f:id:nontyant:20190614093409j:plain

葉の下に隠れるように花を咲かせる。葉は大きくなり瓜の葉に似ている。

f:id:nontyant:20190613095628j:plain

芽吹きと若葉の頃。集散花序の蕾はまだ青く閉じている。 5月6日

 

仙台市茂ヶ崎