面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

クガイソウ

クガイソウは6〜7月にかけて総状花序をつけ淡紫色の花を多数咲かせます。花冠は筒状で先が4裂し雄しべと雌しべが出てきます。よく見ると雄しべと雌しべは花冠より長く突き出て賑やかです。梅雨頃、長く伸びた茎に多数つく淡紫色の花は爽やかです。

f:id:nontyant:20190627132920j:plain

f:id:nontyant:20190627132900j:plain

淡紫色の花冠は筒状で先が4裂し、雄しべは2個で葯はベージュ色、雌しべは1個。雄しべと雌しべは花冠から突き出る。雌しべは雄しべより短く針状で柱頭は濃紫色。

f:id:nontyant:20190627133744j:plain

f:id:nontyant:20190627133829j:plain

オオバコ科の多年草で咲き始めの頃、茎は真っ直ぐに伸び4〜8個の葉を輪生状につける。

f:id:nontyant:20190628115946j:plain

輪生状の葉に近い方から咲き始め、受粉をおえると花冠や雌しべは散って針状の雌しべのみがついている。

 

仙台市茂ヶ崎