面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

ソシンロウバイ

ソシンロウバイは中国原産の落葉低木です。ロウバイの園芸品種で、公園などによく植えられています。花期は1〜2月で黄色の花を下向きに咲かせます。果実は春から夏に生長し、秋から冬にかけて乾燥し表面がひび割れて模様がつき、中に5〜12個のそう果が入っています。果実は翌年の春まで残るのもあり、花と果実が一緒に観察できます。

f:id:nontyant:20190630131347j:plain

f:id:nontyant:20190630132415j:plain

生長した果実は約3cmの卵形で、雄しべなどの名残がヒトデのように残る。ソシンロウバイの果実は花床が肥大したもので偽果。

f:id:nontyant:20190630131756j:plain

高さは2〜3mで、若葉と同時に生長した果実を多数つけている。

f:id:nontyant:20190701094851j:plain

冬の時期、果実は乾燥してヒビ割れて、編み目模様がついたようになる。この中に5〜12個のそう果が入っている。

f:id:nontyant:20190701094948j:plain
2月の花期の頃にも前年の果実がまだついている。 2月7日

f:id:nontyant:20190701095020j:plain

果実を破ると8個のそう果が入っていた。そう果は長さが約1cmの楕円形。

f:id:nontyant:20190701095048j:plain

花期は1〜2月で黄色の花被片がらせん状になり多数つく。 2月7日

 

f:id:nontyant:20190701095130j:plain

ロウバイは内側の花被片が暗赤色になる。 3月10日

 

仙台市青葉山公園