面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

コバギボウシ

コバギボウシ(小葉擬宝珠)は7〜8月に淡紫色の花を咲かせます。まっすぐ伸びた花茎に多数の花芽をつけ、筒状の花冠は先端が5裂して下向きに開花します。花はオオバギボウシとよく似ているが、花冠の内側に紫色のスジがあるのが特徴です。

f:id:nontyant:20190722203307j:plain

淡紫色の花冠に濃紫色のスジがある。雄しべが6個、雌しべが1個で雄しべより長い。

f:id:nontyant:20190722204108j:plain

まっすぐ伸びた花柄に10〜15個の花芽がつく。花の基部に緑色の苞がある。

f:id:nontyant:20190722203556j:plain

キジカクシ科の多年草。花茎の高さは30〜40cmで、葉は多数根生し長い葉柄がある。オオバギボウシと比べると全体に小さい。

f:id:nontyant:20190722204537j:plain

若い果実。果実はさく果で長さが2〜3cm。 9月11日

f:id:nontyant:20190722204709j:plain

熟した果実は下から裂開し3室になり多数の種子を出す。 12月3日

f:id:nontyant:20190722204752j:plain

種子は長さが7〜10mmで片側に翼がある。

 

仙台市茂ヶ崎