面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

フサフジウツギ

フサフジウツギ(房藤空木)は中国原産の落葉低木で7〜8月に多数の淡紫色の花を咲かせます。空き地などに野生化して生え、芳香のある花に虫たちが多く集まります。紫色の花冠の先端は4裂して折りたたまれていて、四方に開いて咲きます。

f:id:nontyant:20190727121204j:plain

花冠は筒状で先が4裂して開く。蕾は上から見るとほぼ正方形で、4裂した花冠の先が折りたたまれている。

f:id:nontyant:20190727104503j:plain

f:id:nontyant:20190727121750j:plain

ゴマノハグサ科の落葉低木で高さは1〜3m。葉は対生し披針形。
f:id:nontyant:20190727104653j:plain

果実はさく果で、秋から冬に熟すと上部が裂開し多数の種子をだす。 1月20日

f:id:nontyant:20190727104733j:plain

種子は長さが約0.6mmの小判形で、両端に細長い翼がある。

  

仙台市茂ヶ崎