面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

イタドリ

イタドリ(虎杖)はタデ科多年草で8〜10月に小さな花を多数咲かせます。山野で普通に見られ、別名、スカンポとも呼ばれ若い茎は食用になります。果実はそう果で、開花後、翼状に生長した花被片に包まれます。

f:id:nontyant:20190927114435j:plain

雌雄異株で雌花の花柱は3個、雌花序は垂れ下がる。

f:id:nontyant:20190929080402j:plain

結実時、花被片はピンク色になり若い果実を包む。

f:id:nontyant:20190927114727j:plain

雄花序は立ち上がり、雄花には雄しべが8個つく。

f:id:nontyant:20190927144215j:plain

葉は互生し、大きさは約15cmの楕円形で先が尖る。

f:id:nontyant:20190927144332j:plain

果実はそう果で、3個の翼状の花被片に包まれる。 11月13日

f:id:nontyant:20190927144357j:plain

花被片は長さが約10mmの翼状で、黒く見える果実を包む。

f:id:nontyant:20190928101016j:plain

新芽の葉は赤みを帯びる。 4月30日

f:id:nontyant:20190927144705j:plain

茎は中空で、手で折るとポコンと音がする。 5月15日

f:id:nontyant:20190927144801j:plain

紅葉した葉。 11月13日

 

仙台市青葉山公園