面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

モッコク

常緑樹のモッコク(木斛)は、秋に果実が熟すと果皮が裂開して朱色の種子が出てきます。花期は6〜7月で白色の花弁を下向きにつけます。丈夫で樹形が美しいことから庭木や公園樹などによく植えられます。

f:id:nontyant:20191101094909j:plain

果実は球形のさく果で、熟すと果皮が裂けて種子が出てくる、

f:id:nontyant:20191101091546j:plain

熟す前の果実。 10月9日

f:id:nontyant:20191101095016j:plain

花は両性花と雄花のみの株があり、花弁は5個、雄しべは多数つく。 7月8日

f:id:nontyant:20191101091916j:plain

葉は互生し全縁の厚い革質で、枝先に集まってつく。葉柄は赤みを帯び美しい。

f:id:nontyant:20191101092425j:plain

樹皮は灰褐色で滑らか。

f:id:nontyant:20191101092457j:plain

冬芽は小さく、葉痕はあまり目立たない。

 

仙台市青葉山公園