面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

ヒマラヤスギの雄花と雌花

針葉樹のヒマラヤスギは10〜11月に雄花と雌花がつきます。雌雄同株で雄花序には上向きに多数の雄花がつき、雌花序には数個の雌花がつきます。雄花は成熟すると大量の花粉を飛散し、受粉した雌花は1〜2年かけて球果が熟します。

f:id:nontyant:20191106094601j:plain

雄花は約3cmの大きさで、スギの雄花より大きく大量の花粉を飛ばす。葯隔に淡黄色の花粉がたまっているのが見える。

f:id:nontyant:20191106095004j:plain

f:id:nontyant:20191106095110j:plain

雄花序には多数の雄花が上向きにつく。

f:id:nontyant:20191122210658j:plain

f:id:nontyant:20191122205942j:plain

雌花は1cmにも満たない大きさ。受粉したばかりの雌花。

f:id:nontyant:20191122210112j:plain

前年につけた球果が熟し種鱗が開いている。

f:id:nontyant:20191106095315j:plain

熟す前の球果。 11月5日

 

仙台市茂ヶ崎