面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

シンテッポウユリ

シンテッポウユリ(新鉄砲百合)は、タカサゴユリテッポウユリの交配により作られた園芸種です。花期は8〜9月で、白色のラッパ状の花をつけます。果実はさく果で直立し、11〜12月に熟して上部が裂開し、風が吹くと種子が飛び出します。

f:id:nontyant:20191205073314j:plain

上から見ると裂開した果実は、6室に分かれ種子が整然と積み重なっている。

f:id:nontyant:20191205073620j:plain

果実は長さが10〜12cmと細長い。横から見ると裂開した果皮は、細い繊維でつながっていて、横からは種子がこぼれない仕組みになっている。

f:id:nontyant:20191205170522j:plain

種子は長さ約5mmの偏平で、周囲に幅2〜3mmの翼をもつ。

f:id:nontyant:20191205074410j:plain

f:id:nontyant:20191205074441j:plain

草丈は1〜1.5mで、花はテッポウユリに似るが細身で、葉は幅が狭く細長い。  8月31日

f:id:nontyant:20191205074542j:plain

若い果実は黄緑色で直立する。 9月28日

 

仙台市青葉山公園