面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

マサキ

マサキ(正木)はニシキギ科の常緑低木で、12〜1月に果実が紅色に熟し裂開します。果実はさく果で、裂開すると橙赤色の仮種皮が出てきます。仮種皮は果皮にくっついてすぐには落ちず、色彩が少ない冬の時期に彩を添えてくれます。

f:id:nontyant:20200103083440j:plain

果実は4裂して橙赤色の仮種皮が出てくる。

f:id:nontyant:20200102215257j:plain

葉に積もった雪が残り、コントラストがつき仮種皮がよく目立つ。

f:id:nontyant:20200102215549j:plain

仮種皮を取り除いた種子。種子は乳白色で長さ4〜5mmの楕円形。

f:id:nontyant:20200102215454j:plain

まだ裂開していない果実。葉は厚く革質で鋸歯がある。 12月2日

 

f:id:nontyant:20200102215801j:plain

花期は6〜7月で、花弁と萼片は4個、雄しべが4個。 7月7日

f:id:nontyant:20200102215733j:plain

高さは2〜6mで生垣や公園によく植えられる。 

 

仙台市水の森