面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

マンサク

2月になり水の森公園のマンサク(満作)が咲き始めました。例年よりひと月ほど早い開花です。マンサクはキブシやウメなど早春に咲く木々の代表で、一足早く春の訪れを感じさせてくれます。

f:id:nontyant:20200202135451j:plain

f:id:nontyant:20200202112810j:plain

花は両性花で黄色いちぢれた線形の花弁が4個、赤紫色の萼片が4個、雄しべが4個、花柱が2個つく。花芽が裂開したばかりで細長い花弁が渦巻いている(下)。

 

f:id:nontyant:20200202140327j:plain
枝には前年につけた果実や枯葉が残りにぎやか。

f:id:nontyant:20200202113442j:plain

冬芽は細かい毛が密生する芽鱗に包まれる。葉痕はお猿さんのよう。

f:id:nontyant:20200202113532j:plain

葉は互生し鋸歯があり、葉脈がはっきり見える。 5月27日

f:id:nontyant:20200202113602j:plain

落葉小高木で、秋に黄葉し高さは5〜7mになる。

f:id:nontyant:20200202113913j:plain

秋につける果実はさく果で卵形。 10月1日

f:id:nontyant:20200202114136j:plain

f:id:nontyant:20200202114151j:plain

果実には2個の種子があり、裂開すると種子が弾けて飛び出す。

 

仙台市水の森公園