面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

ハンノキ

ハンノキ(榛の木)はカバノキ科の落葉高木で、1〜3月に花を咲かせます。雌雄同株で枝先に雄花序を垂れ下げ、小さな雌花序をつけます。仲間のハシバミやツノハシバミ などと共に春の訪れを告げてくれます。

f:id:nontyant:20200221214504j:plain

雄花序は長さが4〜6cmで、枝先から3〜5個垂れ下がる。開花すると葯から淡黄色の花粉をだす。

f:id:nontyant:20200221214635j:plain

雌花序は3〜4mmと短い。雌花は赤紫色で多数つく。

f:id:nontyant:20200221214917j:plain

f:id:nontyant:20200222092444j:plain

冬空に雄花序と前年つけた果穂がよく目立つ。

f:id:nontyant:20200222092311j:plain

冬芽は2〜3個の芽鱗につつまれ、葉痕は半円形。

 

f:id:nontyant:20200221220019j:plain

山野の湿地に自生する落葉高木。 9月24日

f:id:nontyant:20200221215154j:plain

果穂は約2cmの卵形で、若い果穂は緑色をしている。 

f:id:nontyant:20200221215629j:plain

秋に熟した果穂には多数の果実が入っている。

f:id:nontyant:20200221215956j:plain

果実は大きさが3〜4mmの堅果で、狭い翼がついている。

 

 仙台市水の森公園