面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

オオバクロモジ

オオバクロモジはクスノキ科の落葉低木です。クロモジの変種で、4月頃から芽吹きと同時に散形花序をつけます。淡黄色の小さな花は垂れ下がり、新芽とともに瑞々しい。葉はクロモジより大きく、樹皮や枝には芳香があり、爪楊枝などの材料とされます。

f:id:nontyant:20200422145204j:plain

f:id:nontyant:20200422145224j:plain

雌雄異株で、花は散形花序に約10個つける。雄花には雄しべが9個つく。

f:id:nontyant:20200422145513j:plain

葉は互生し長楕円形で、先端が尖る。

 

f:id:nontyant:20200422145544j:plain

若い果実。果実は液果で秋に熟すと黒色になる。 6月10日

f:id:nontyant:20200422145635j:plain

緑色の葉がゆっくり黄葉していく。 11月5日

 

仙台市茂ヶ崎