面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

コナラ

コナラ(小楢)は雑木林を代表する樹木で、4月下旬から5月にかけて花を咲かせます。芽吹きと同時に雄花序と雌花をつけます。花は目立ちませんが、新緑と黄葉が美しく、秋にはドングリをつけ雑木林に恵みをもたらします。

f:id:nontyant:20200506122108j:plain

f:id:nontyant:20200506120529j:plain

芽吹きと同時に雄花序を垂れ下げる。新芽には綿毛が密生している。

 

f:id:nontyant:20200506120831j:plain

f:id:nontyant:20200507091957j:plain

雌雄同株で雄花序は新枝の下から垂れ下がる(上)。雌花は新枝の上の葉腋から上向きに数個つく(下)。

 

f:id:nontyant:20200506120901j:plain

一斉に多数の雄花序が垂れ下がる。

f:id:nontyant:20200507091241j:plain

広げたばかりの若葉。葉は互生し長楕円形で鋸歯があり、葉柄があるのでミズナラと区別ができる。

f:id:nontyant:20200507090958j:plain

新緑の樹形。

f:id:nontyant:20200507092741j:plain

若いドングリ。 9月5日

 

f:id:nontyant:20200506121110j:plain

f:id:nontyant:20200507105746j:plain
黄葉と樹形。 11月22日

 

f:id:nontyant:20200506122147j:plain

樹皮は縦に不規則な裂け目がある。

f:id:nontyant:20200507105916j:plain

f:id:nontyant:20200506122219j:plain

前年つけたドングリから芽が出ている。 4月13日

 

仙台市水の森公園 仙台市茂ヶ崎