面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

クヌギ

クヌギは仲間のコナラと同様に雑木林を代表する樹木です。雌雄同株で4〜5月に花を咲かせます。穂状に垂れ下がる雄花序は良く目立ちますが、葉腋につく雌花は小さくて目立ちません。夏の時期、コナラと同様に樹液には多くの昆虫が集まります。

f:id:nontyant:20200508183659j:plain

雄花序は新枝の下部から垂れ下がり、雌花は新枝の上部の葉腋に上向きにつく。

f:id:nontyant:20200509103510j:plain

f:id:nontyant:20200509105049j:plain
多数垂れ下がる雄花序はよく目立つが、葉腋につく雌花は、葉に隠れて目立たない。

 

f:id:nontyant:20200509100956j:plain

落葉高木で幹は直立する。
 

f:id:nontyant:20200508183828j:plain

若い堅果。翌年の秋に熟す。 

f:id:nontyant:20200508184246j:plain

熟した堅果。ドングリの下半分は、お椀形の殻斗に包まれる。 10月15日

f:id:nontyant:20200509101112j:plain

葉は対生し、かたくてツヤがあり、針状の鋸歯がある。 11月22日

f:id:nontyant:20200508184350j:plain

樹皮は灰褐色で不規則な割れ目があり、コナラより黒っぽく見える。

 

仙台市水の森公園 仙台市茂ヶ崎