面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

ヒメコウゾ

ヒメコウゾ(姫楮)は雑木林などの林縁に生える落葉低木です。雌雄同株で5月上旬に芽吹きと同時に雄花序、雌花序をつけます。果実は7月に赤く熟し食べられますが、クワの実のような甘みはありません。

f:id:nontyant:20200515152718j:plain

f:id:nontyant:20200515155304j:plain

雄花序は新枝の基部の葉腋につき、雌花序は新枝の上の葉腋につく。雄花序は直径約10mmの球形で、雄花が多数つく。

f:id:nontyant:20200515153103j:plain

雌花序は直径約5mmの球形で、多数の赤紫色の花柱がつく。

 

f:id:nontyant:20200515154002j:plain

f:id:nontyant:20200515153520j:plain

赤く熟した果実。果実は集合果で熟すと食べられる。 7月10日

f:id:nontyant:20200515153550j:plain

葉は互生し、ゆがんだ卵形や2〜3裂したり変化があり、先端が尾状に尖る。

f:id:nontyant:20200515153614j:plain

樹皮は褐色で縦縞がある。

 

仙台市水の森公園