面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

ミズナラ

ミズナラは山地に生える落葉高木です。雌雄同株で5〜6月に芽吹きと同時に雄花序、雌花序をつけます。コナラの葉とよく似ていますが、ミズナラの葉には葉柄がほとんどないので区別がつきます。標高の高いブナ帯にも生える高木です。

f:id:nontyant:20200517103926j:plain

f:id:nontyant:20200517104213j:plain

雄花序は新枝の下部から垂れ下がり、雌花序は新枝の上部の葉腋につく。

 f:id:nontyant:20200518164505j:plain

一斉に新芽が芽吹き、雄花序を垂れ下げる。 

 

f:id:nontyant:20200518164531j:plain

新緑。 6月18日

f:id:nontyant:20200518164620j:plain

若いドングリ。殻斗はコナラより大きい。

f:id:nontyant:20200517104355j:plain

f:id:nontyant:20200517104558j:plain

熟したドングリから芽が出ている(上)。前年つけたドングリから育った若木(下)。 10月8日

 

f:id:nontyant:20200518164654j:plain

葉はコナラより一回り大きく、あらい鋸歯があり、葉柄がほとんどない。 11月13日

f:id:nontyant:20200517104524j:plain

樹皮は灰褐色で縦に割れ目があり、鱗片状に剥がれやすい。

 

仙台市青葉区