面白い接写の世界

雑木林や公園、植物園などで、小さな自然の営みをマクロレンズで撮影してます

ゼンテイカの果実

ゼンテイカ(禅庭花)はツルボラン科の多年草で、6〜7月に花を咲かせ、7〜8月に果実をつけます。果実はさく果で、熟すと上部が裂開して種子が出てきます。ユリ科の仲間のように見えますが、種子には翼がなくヤブランの種子とよく似ている。

f:id:nontyant:20200727163421j:plain

f:id:nontyant:20200727163518j:plain

果実は3室に分かれ20〜30個の種子が入っている。

f:id:nontyant:20200727163541j:plain

果実は、長さが2.5〜3cmと小さい。

 

f:id:nontyant:20200727163557j:plain

種子は黒色で大きさが5〜7mmのいびつな卵形をしている。

f:id:nontyant:20200727163617j:plain

種子を切断すると乳白色の胚と胚乳が見える。

 

f:id:nontyant:20200727163722j:plain

花被片は淡橙色で6個、先が少し反り返る。別名ニッコウキスゲ。  6月3日

 

仙台市茂ヶ崎